TOPへ戻る  >  スワップポイントって?

スワップポイントって?

FXで利益を得る方法の一つであるインカムゲイン(金利差益)。このインカムゲインは、売買する2つの通貨の金利差であるスワップポイントを得ることによって生まれます。このスワップポイントとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

あなたが銀行にお金を預けるとき、必ず預けたお金に金利がついてきます。この金利はその国の経済や金融情勢に大きく影響を受けて変動するもの。景気が悪い時にはいくら銀行に預けてもなかなか金利がつかない、なんていうことからも大きな影響を受けていることがわかるかと思います。これは外貨も同じこと。海外の各国でも、国の経済や情勢がその国の金利に大きな影響を与えているのです。そのため各国の通貨の金利も、その設定にかなりの差があるんですよ。FX取引の中で通貨を売買するとき、2つの売買する通貨間のこの金利差がスワップポイントとなるのです。

スワップポイントは、より金利の高い通貨を買って、より金利の低い通貨を売った時に利益として受け取ることができるようになっています。たとえば3.5%金利の豪ドルを買って0.1%金利の日本円を売った場合、金利差である3.4%をスワップポイントとして受け取ることができます。このスワップポイントは日割りで計算されるため、低金利通貨を売って高金利通貨を買う長期的な運用の場合にスワップポイントを貯めることができるのですが、しかし逆に、金利の高い通貨を売って金利の低い通貨を買っている時は、その金利差分を支払わなければならないことになるので、この点には注意が必要です。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 外貨預金やFXの手数料ってどうなの?. All Rights Reserved.