TOPへ戻る  >  取り扱える金融機関

取り扱える金融機関

外貨預金は証券会社での取り扱いが始まり、やがて銀行、メガバンクや地方銀行、そして郵便局でも取り扱うようになりました。近年注目されているのがネット銀行です。ネット銀行は一般的にメガバンクや地方銀行などと比べて金利が高く、為替手数料が安く設定されています。

ネット銀行とは、銀行の窓口に行って銀行員にやってもらう仕事をインターネット環境の整ったパソコンで自分で操作するのが基本です。預入や引出、振込、投資信託や外貨預金などの操作をすべて自分で操作します。ネット銀行では通帳というものがありませんので、紙や印刷にかかるコスト、人件費がかからないので、運営するコスト自体が抑えられるのです。お客と対面して話を聞いたり直接取引をおこなう都市銀行や地方銀行では、店舗の家賃や人件費などの運営コストが高くつきますが、ネット銀行はそれがありません。そのため、コストがかからず、その分外貨預金の金利を高くしたり手数料を安くしたりすることができるのです。

またネット銀行ではいつでも操作が行え、つねに為替レートの参照ができるので、便利な面もあります。ネット銀行では、セキュリティの面でも厳重な対策がとられていて、ある銀行では自分専用のトークン(振込みや引き出しをする際に必要なワンタイムパスワードを表示するハードウェア)によりパスワードを盗み取られるといったことがないようなシステムを採用しています。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 外貨預金やFXの手数料ってどうなの?. All Rights Reserved.