TOPへ戻る  >  通貨の選び方

通貨の選び方

金利が高いということで人気の外貨預金ですが、一番大切なことはどの通貨を選ぶか、ということです。今までは強い米ドルだったのが、リーマンショック以来その定義はくずれつつあります。また近年経済発展の急成長が注目の中国でも、先行きがクリアではなく、この先どうなるのか不透明な部分がたくさんあります。そのために、最近の為替変動のグラフを参考にしたり、その国の情勢をよく把握した上で決めるということが必要です。

どんなに金利が高くても円安の時に外貨を購入してしまい、円高時に外貨を円にしてしまうと損失が出てしまいます。過去の為替の動きを見て、その通貨に対して円高になっている時がチャンスです。

また金利が高い、ということだけにポイントを置いて通貨を選ぶのは危険です。というのは外貨預金は日本円を外貨に、外貨を日本円に変えるということが発生し、そこには為替手数料がかかってきます。通貨によって為替手数料がことなります。たとえば銀行では1ドル購入するのに1円の手数料がかかりますが、オーストラリアドルを購入する場合は、2円50銭の手数料がかかってしまうのです。その他、ユーロや英ポンド、ニュージーランドドル等、通貨によって様々な為替手数料がかかってしまいます。従って、外貨預金の通貨を選ぶ時は金利だけでなく、為替手数料も考慮する必要があります。国の情勢(為替の動き)と金利、為替手数料、これらをよく把握した上で通貨を選びましょう。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 外貨預金やFXの手数料ってどうなの?. All Rights Reserved.