TOPへ戻る  >  税金と確定申告

税金と確定申告

外貨預金では、受け取った利息や、為替変動によって得た利益に税金がかかります。金利収入と為替差益にはそれぞれ次の内容の課税対象になります。

1.利息にかかる税金

外貨預金は金利が高い運用で人気ですが、受け取った利息には20%の税金がかかります。税率20%のうち国税が15%、地方税が5%となっていて、税金を差し引いた金額が実際の利益として手元に届きます。手元に届く前に利益から税金が差し引かれることを「源泉分離課税」といいます。「源泉分離課税」の課税方法は、たとえば10万円の利息がでた時には2万円が引かれて、残りの8万円が手元に届くことになります。これは申告する必要はありません。

2.為替差益にかかる税金と確定申告

外貨を買って外貨預金をはじめた時から為替が変動することにより、引き出す時には為替差益が発生します。為替差益にも税金がかかります。ただし利息の課税方法とは違い、前もって税金が差し引かれるものではありません。そのため、状況によっては自分で税金を計算して払う「確定申告」という手続きが必要になります。年収2,000万円以下の給与所得者は、利益の合計が20万円以下であれば申告は必要ありません。また、予約レートを設定している(為替予約をしている)場合は源泉分離課税になるので、これも申告は必要ありません。為替差益は「雑所得」という区分で、20万円を超えると総合課税という仕組みが適用されます。つまりほかの所得と合算して税額が計算されるということです。総合課税では、税率は利益の大きさによって変動するので注意が必要です。

サイトMENU

Copyright (C) 2015 外貨預金やFXの手数料ってどうなの?. All Rights Reserved.